量産型の電動乳首責めグッズを比較してみた!【Fondlove vs. QUTOYS】

こんにちは。久しぶりの企画記事です。
みなさん、乳首責めグッズを調べてるとこんな感じの

量産型・安価版の電動乳首責めグッズを見かけませんか?

今回はこれらの量産型グッズ2種類とU.F.O. SAとニップルマジックを比べたいと思います。

ただ、U.F.O. SAとニップルマジックのレビューは各記事があるので、今回は量産型2種類の比較をメインに進めます。

時間がない方→総評

エントリー1 Fondlove社 乳首ローター

商品リンク

エントリー2 QUTOYS社 乳首バイブ

商品リンク

仕様比較

Fondlove
乳首ローター
QUTOYS
乳首バイブ
ニップルマジック U.F.O. SA
値段 2799円 2799円 3089円 21780円
刺激 10種類 12種類 10種類 7種類
パワー 1種類 1種類 12種類 7種類
静音性 2 2 5 4

中国製の商品名ってすごく分かりづらいよね…ほとんど区切りないし・・・
見ての通り、刺激の種類数以外は全て同じです。

ちなみに、付属アタッチメントは両方1つです。

次はカップの中身を見てみましょう。

カップの比較

Fondlove乳首ローター


0.3cmのアタッチメントの周りに0.3cmと0.7cmぐらい突起
アタッチメントの素材はUFOSAやニップルマジックと同じ

――――――――――――――――――
QUTOYS乳首バイブ

0.3cmアタッチメントの周りに0.3cmの突起
アタッチメントの素材は柔らかい素材で、頭皮マッサージグッズに使われてそう。

これだけ見るとFondlove乳首ローターに軍配が上がりますね。

使用感

Fondlove乳首ローター

と、届かない・・・
セットしようとするとカップが変形して乳首1cmだとアタッチメントに届きすらしない!
というよりもCカップぐらいないとまともに使えなさそう。


QUTOYS乳首バイブ

こちらはしっかり刺激されます。
最初に見た時に、このアタッチメント・・・大丈夫?となりましたが使ってみると意外と良かったです。
ただ、ニップルドーム系の触手アタッチメントをカットしても同じアタッチメントが作れる事を考えると・・・

総評

結果は・・・どちらもオススメ出来ません!
正直、300円を追加してニップルマジックか王道の値は張りますがU.F.O. SAを買うことをオススメします。

味気のない結論になってしまいましたが、今回はここまで!