メスイキに役立つ括約筋・骨盤底筋トレーニング【ドライオーガズム】

今回は、アネロスを使い前立腺で快感を感じやすくする為に有効なトレーニングの紹介です。
この運動はメスイキ・ドライオーガズム全般に有効で、乳首イキや脳イキをしてる時に意識せずに勝手に動き、快楽を感じている事も大いにあります。
また、意識して動かせるようになれば、より深くメスイキの快楽を感じる事も可能になります。

今回鍛える場所は括約筋・骨盤底筋になります。
聞いたことある人もいると思います。ただ、続けている人は少ない気がします。
真面目にすれば2週間もあれば、実感できます。

①基本的なエクササイズ

おならを我慢する・排尿を止める感じで力を入れ、抜きます。
5秒間力み、5秒休憩を繰り返す、これを1回として、10回を1セット
1日2~3セットを目安に行うと良いです。

・この時に胃、太もも、お尻の筋肉をできる限り使わずに行い、骨盤底筋だけを使うように意識しましょう。
・呼吸を忘れずに自然に!

慣れてたらステップアップさせましょう。
・様々なポージングでしよう
(座る・立つ・横になる・下の図)
・10秒力み、10秒休憩
・しっかりと力を30回入れる、1分間休憩
・10秒間力を何度も素早く入れて、10秒間休憩
・1分間力を入れ、1分間脱力

体力のある人はセット数を増やすと効果を実感しやすいです。


②逆ケーゲル体操

力の入れ方を学んだ次は抜き方を学び、ストレッチさせましょう。
図のように(下手でごめんね!)

下半身だけブリッチしている状態になります。
この体勢で力んでいる状態が骨盤底筋が緊張している状態ですね。

今回は骨盤底筋をストレッチ(リラックス)させるのが目的なので
この状態で骨盤底の筋肉を意識して、その部分を脱力しながら伸ばすように意識します。
5秒間維持し、5秒間休憩します。
この時に骨盤底筋をリバース(伸ばす)感覚を覚えましょう。
もちろん、呼吸を忘れずに、できれば深く呼吸しましょう。

骨盤底筋をリバース(伸ばす)感覚を覚えたら、
①基本的なエクササイズをストレッチバージョンで行います。

5秒間伸ばし、5秒休憩を繰り返します。これだけです。
トイレなどを済ませた後にやったほうが良いです。

メスイキから考える括約筋・骨盤底筋の力の入れ方について

呼吸と括約筋・骨盤底筋の力の入れるタイミングをあわせるやり方は固定概念を生みやすい気がするので注意が必要です。

吸う時に力を入れ、吐く時に力を抜く、これは一般的ですが囚われる必要はありません。
音声作品を良く聞いたり、ドライオーガズムをよく調べている人ほど陥りやすいと思います。

その連結を解除し、柔軟に括約筋を収縮できるようになる、という意味ではエクササイズはオススメです。

意識的に括約筋を収縮させるのは、スイッチを入れて体を発情させるのが主な役割です。
メスイキしている時の動きを練習している訳ではありません。

メスイキしている時は、たいてい勝手に動きます。

ただ、筋肉が衰えていると勝手に動かないか、動いてもすぐ疲れます。
なのでエクササイズで鍛えるのです。

③低周波治療器を使った括約筋・骨盤底筋オナニー(会陰部オナニー)

もしかしたらやらない方が良いかも。
ただ、私は好きです。

ZEUS パームパワーボックス
ZEUS パームパワーボックス
を使っています。
1セットで十分ですので、もう1セットは使わずにおいておきましょう。

貼る場所は会陰部と男性器の根本から指4~5本上の場所になります。
事前にどちらの毛を剃っておきましょう。
剥がれる事が多いので、テーピングシールで固定すると捗ります。

会陰部に貼る時は会陰部を触って括約筋を収縮させ、より動きを感じる場所に貼りましょう。
私のオススメはモード3です。

忠告としましては、一気にパワーを上げないこと。
急に刺激がくるモードが存在する事を忘れないことです。

今回はここまで!
海外の記事や口コミを参考にしているので、専門な知識はほぼないです!
ただ、自分でやってみて効果を体感しているのでオススメです!
骨盤底筋トレーニングって調べれば、他にもたくさん出ますよ~
他の運動も少なからず効果はあると思いますので、お気に入りを探してみてください。