【アナニー】アナルを開発して、排便するだけで強烈な快感を感じるアナルに!【アナルオナニー】

今回はアナルついて書こうと思います。

動画版

アナルはすごく昔から、性感帯として扱われていたらしいですよ!
そして、スローオナニーや脳イキの足かがりにされることが多い性感帯でもあります。

アナルセックス用に開発したり、男性なら前立腺、女性なら生理中のオナニー用に開発する人も多いですね。

開発しきった人ですと、排便時に絶頂するらしく、それはそれで不便かも知れませんね♡
今回はそんなアナルに注目したいと思います。

アナルオナニー参考動画(無修正につき閲覧注意)
①女装子さんのアナニー(トコロテン)
②男女でのアナルセックス

前立腺と会陰部については別記事で書きますね!

  1. 目次
  2. アナルは性感帯?
  3. アナルで感じる方法
  4. アナル開発方法
    アナル内の洗浄
    アナル入り口の開発
    道具を使ってのアナル責め・アナルオナニー

アナルは性感帯?

アナル、肛門と言えば、排泄をする場所という認識だと思います。
その他にも、アナルセックスやアナルオナニーにも使われます。

ここで疑問なのはアナルで快感を感じられるかだと思います。
答えはYESです。
アナル、特に入り口付近に神経が密集しており、それによって感じる事ができます。

基本的に神経が密集している場所は性感帯になりやすいですね。
では、どのような快感を感じるのか?

最初のうちは基本的に排便をしている時の気持ち良さだと思ってください。
排便時に不快になる人はあまりいないはずです。

理由は、生理的欲求に排泄が含まれているからです。
なので、排尿も排便も快感に感じるよう人間は出来ているのです。

そして、アナルを性感帯と脳や体が認識すれば、更に快感は増していき
排泄感以外の快感も備わっていきます。


アナルで感じる方法

先程も触れましたが、最初は排便時の快感が鍵となります。

デリケートゾーンでもあるので、強引な開発は厳禁!
ゆっくり、やさしく開発しましょう。

神経の密集しているアナルの入り口を刺激しつつ、
脳や体にアナルは性感帯という事を覚えさせます。

ただ、アナルは開発が必要で、すぐに気持ち良く感じる人とそうではない人がいます。

まずは、ローションと指でアナルの入り口を刺激、ほぐしていきましょう。
指サックを使用することをオススメします。
アナル向け指用サック
アナル向け指用サック

まずは人差し指を第一関節~第二関節まで挿れて指を感じつつ、
アナルを緩めたり締め付けたりしましょう。

排便時には無意識で力の調整をしていますが、
ここでは意識的に肛門を締め付けたり緩めたりします。

楽しんだところで、ローションを追加して二本目の指を挿れてみましょう。
ゆっくり、肛門を傷めないように挿れてくださいね。

二本目の指を挿れたらアナルの中で指を広げたりしましょう。
二本目までなら排便時に広がるのと同じぐらいですが、

指を広げた際にはそれ以上に広がると思います。
力を抜きながら広げて、力を入れる時は指を閉じましょう。

同時に呼吸も合わせてみましょう。

吐く時に力を抜いて、指を広げて~
吸う時に力を挿れて、指を閉じて~

大体ここまで20~30分ほどだと思います。
体勢的にも疲れてきたのと思いますので、一旦休憩しましょう。

このアナニーは一番基本ですが、どちらかというと、準備運動に属しています。


アナル開発方法

本格的にアナルを開発していく為に必要なことは
①アナル内の洗浄
②アナル入り口の拡張
③道具を使ってのアナル責め

①アナル内の洗浄

解説しているサイトはたくさんあるので、ここでは簡単にまとめます。

念入りにする場合はイチジク浣腸などの薬品で浣腸をする。
デメリットは少しの間、お腹が緩いのと準備が必要、少しお金が掛かること。

もう1つはトイレやシャワーで浣腸すること。
これが、簡単かつ手っ取り早いと思います。
デメリットはアナルの緩め方を知っていなと水が入らないこと。
(アナルで感じる方法で練習したモノ)
放水箇所を清潔に保っている必要がある。
(シャワーヘッドなど)

折衷案として

デラックス・プラスチック・シリンジ
デラックス・プラスチック・シリンジ

注射器でお湯を浣腸する方法があります。
お湯で浣腸して排泄を2~3回ほどすれば、アナルはきれいになります。

しっかり洗えば、何度も使えますし、ローションをアナルに注入するのにも使えます。

②アナル入り口の拡張

アナルの入り口は神経が密集していると同時に、デリケートゾーンでもあります。
強引に拡張すると切れ痔になる可能性があるので、注意しましょう。

最初のステップとして、指を2本いれて、広げたり閉じたりします。
次のステップは指を3本入れて、広げたり閉じたり。
ここまで、拡張できれば、男性器も加えられると思います。

ですが、アナルの特徴として、少し経つと締りが戻ります。

そんな時に活躍するのがアナルグッズです。

ブラックプラグ
ブラックプラグ

ボス・シリコンベーシックス
ボス・シリコンベーシックス

座りながら、日常中にお尻を拡張し続けるグッズ達です。
オススメの使い方としては、拡張率100~110%の大きさで広げるというよりは
拡張率70~80%のモノを買って、締まらないようにするほうが良いと思います。

※アナニーをする上ではアナルの拡張維持は必須ではありません。
アナニー前に指で広げる準備運動だけでも大丈夫です。

③道具を使ってのアナル責め、アナルオナニー

体勢的に指でアナルを刺激し続けることは大変ですし、疲れます。
そこでアナルグッズを使ってアナニーしましょう。

王道なのがディルド。女性なら一本は持っていると思います。
男性ならこれだけでトコロテン(精液がドロドロで押し出される。)
出来たりします。最初は小さめのモノを選んで、出し入れを楽しみましょう。

コンドームを被せるとお手入れが楽になりますよ!

天上天下 一寸
天上天下 一寸

次にプラグ系、排泄感をより楽しめる設計になっています。

グレープボム
グレープボム

非常に安くて、大きさも初心者向き。
アナル開発、アナニーといった面ではディルドよりもこちらの方が適しています。
呼吸と脱力を意識しつつ使ってみましょう♡
気が付いたら、吐息が甘くなっていますよ♡

この2点が初心者用のアナルグッズになります。

ほかにも電動プラグ、電動ディルドなどありますが、
そちらのグッズは、会陰部や前立腺を開発した後に使うことをオススメします。


今回はここまで、誰しもが聞いたことのあるアナルを使ったオナニーですが、実際にやっている人はそこまで多くないと思います。

ですが、ハマれば、どっぷりつかってしまう魔力を秘めた性感帯な事を間違いありません。

一度、アナルオナニーしてみてはどうでしょうか?

参考ページ 【ドライオーガズム】前立腺オナニーで連続絶頂を目指そう!【強制絶頂】