乳首開発する時に使うクリップ(つまみ)の選び方

身近にあって、乳首開発に使える物といえば、つまみですよね。
洗濯バサミはどの家庭でもあると思います。

今回は、乳首開発に向いている、つまみを紹介しようと思います。

目次
  1. つまみの選び方
  2. 商品例
  3. まとめ

つまみの選び方

結論からいうと

新・木製豆つまみ
新・木製豆つまみ

このようなシンプルな木製つまみが良いです。
大きさは4~5cmで人差し指の第一から第二関節あたりの大きさの物が良いです。

理由は大きく分けて3つあります。

  1. つまむ力
  2. 接触面
  3. 大きさ
①つまむ力

どんな感度でも、乳首をクリップでつまむと痛いものです。
この、つまむ力を調整できるか否かが一番重要視される点と言っても過言ではありません。

②接触面

細く鋭い痛みでの開発は針に任せましょう。
出来るだけ広く押しつぶすのが、つまみ系の強みです。

③大きさ

これはつまむ力と接触面に通じますが、小さいクリップはあまり好まれません。
摘む力が強い物が多く調整が効きづらいです。

接触面も狭いのであまり良い点はないでしょう。

商品例

・百均のミニ木製つまみ

右に写っているのが百均に売ってる木製つまみで2cm程
小指の第一関節ほどの大きさです。
左は新・木製豆つまみです。

乳首をはさむ時にとても不安定で、つまみづらく、摘む力も強いので痛すぎました。

百均のクリップ

よく見かけるクリップですが、これもおすすめできません。
はさむ力は調整できるのですが、

このように接触面がかなり狭いです。

安定の乳首クリップ系

やはり安定なものは新・木製豆つまみ

間に何かを噛ませば、つまむ力の調整も出来ます。

とはいえ、アダルトショップで売っている
ニップルクリップ系が一番安定しているのもたしかです。。

調節式ニップルクリップ
調節式ニップルクリップ

などです。

大きさ、調整、接触面、どれも問題はありません。

コスパの面から考えると木製豆つまみ、品質重視だとニップルクリップになります。

まとめ シンプルが一番

まずは家でつまむ力、接触面、大きさが丁度よいつまみがないか探してみよう。
実家ぐらしの人は手頃な木製つまみがあるかもしれない。

向き不向きを考察してきたが、はさんでみて決めるのが一番だったりする。
私は10種類ぐらいのクリップを使ってきたが
木製つまみが一番しっくりしました!

おすすめのつまみ方 参考ページ
【入門編01】何も感じない乳首を感じるようにするには【乳首開発】

参考ページ
☑乳首の開発方法+道具まとめ