【乳首開発04】性感帯と快感神経を繋げよう【条件反射】

何も感じない乳首から乳首イキできるまで パート4です。

1~3で感覚を獲得する方法をお伝えしていきました。
今回からは乳首が刺激された時に快感を感じるように開発していきます。
実はこの過程が一番難しいと思っています。

今回は快感神経を乳首にリンクさせる必要性と手段を簡単にまとめ
それを別の記事で1つずつ深掘りしていこうと思います。

  1. 目次
  2. 挫折する人は大体この過程である。
  3. 乳首が快感を覚えるとは
  4. 乳首に快感を覚えさせる方法 ~快感神経を繋げよう~
  5. 乳首と快感神経を繋げやすい性感帯

挫折する人は大体この過程である。

乳首が快感神経を感じるようになるには、個人差やプレイ内容がかなり関わります。
私は数年間乳首を開発している中で、二度ほどここで躓きました。

ここさえ、乗り切れれば、後はずっと気持ち良い乳首オナニーが出来ます。

そこで乳首だけで勃起して我慢汁(愛液)を垂らすのに必要な時間を大体の目安で書きます。
20代の場合ですと
乳首が感じやすい人―1ヶ月間
乳首を普通に感じる人―3ヶ月間
乳首が感じにくい人―6ヶ月間

この時間の変動部分ですが
個人差(神経の繋がりやすさ)
年齢(性欲部分による差)
開発回数(数と密度が大切)
性感帯(リンクしやすい性感帯の有無)

これらの条件で長くなったり、短くなったりします。

乳首が快感を覚えるとは

最初から乳首で快感を覚える人は稀です。

では、どのようにして、乳首が感じるようになったのでしょうか。
考えるに、乳首が最初から感覚を獲得していて、敏感だったのでしょう。
そして、乳首に刺激があると興奮神経が快感神経が働き、気持ち良いと感じていたのです。

つまり、乳首を性感帯、感じる場所という認識と
感覚を獲得した乳首が備わっていたのです。

胸を開けさせている先住民族は胸で欲情せず、乳首が性感帯になることはないらしいです。
これは精神面も乳首開発に大切だと言える根拠でもあります。

乳首が刺激を感じる 肉体面
乳首を性感帯として認識して興奮する 精神面

そして肉体面と精神面を合致させ連動させる必要があります。
乳首に刺激を感じると脳が興奮や快感を覚える このようにする必要があります。

乳首に快感を覚えさせる方法 ~快感神経を繋げよう~

動物、人間は複雑であり単純であります。

パブロフの犬をご存知でしょうか。条件反射の実験として有名ですね。
よく使われる話ですと、梅干しを見るとヨダレがでるってやつです!
ただ、これは梅干しを食べたことがあって、酸っぱいものとしってる必要があります。

乳首を性感帯にする、快感を覚えさせるうえで条件反射は味方になります。

①条件反射で乳首が刺激される→快感と気持ち良さを感じる
(梅干しを見るとヨダレがでるの部分)
②それには乳首が感覚を獲得している必要がある
(梅干しはすっぱいと知っているの部分)

②の部分はパート1~3の部分です。

①については気持ち良い時に乳首を弄る
興奮している時に乳首を弄る。
絶頂する時に乳首を弄る。

条件である乳首を意識することが最も大切です。
梅干しが見えてなければ、何も起こりません。

反射である快感や興奮は既にオナニーやセックスなどでほとんどの人は感じたことがあると思います。
あとは条件である乳首が意識出来るか、それを反射と結びつけられるか。

乳首と快感神経を繋げやすい性感帯

ここで使っている快感神経を繋げる(リンクさせる)というのは
おちんちん(クリトリス)を弄る→快感を感じ興奮する→乳首を弄ることで
ゆくゆくは快楽神経を繋げ、乳首を弄ることで快感を感じる状態になります。
その為には、性感帯と乳首を同時に2つを弄る必要があります。

本質は条件反射に似ているので興奮する方で理解してくだされば幸いです。

一緒にさわる性感帯ですが、
私自身は
・乳首を意識しやすいか・刺激しやすいか
・長く快感を感じられるか
・行為自体の快感、興奮度
の順で大切だと感じています。

方法の紹介順はランキングにしてもよいのですが、
趣向が強く出るので列挙する形にしました。

ここからは乳首を快感神経を繋げやすい行為とその説明を簡単にしていきます。

☑セックス
パートナーとその人の理解が必要だが、他人に触られる+強い興奮状態
言葉責めされたり、乳首責めされている所を見ると更に良い。

☑クリトリスorおちんちんオナニー
ポピュラーで大体の人が最も快感を感じやすい部分を刺激している
状態で乳首を弄ることが出来る。
片手で塞がれている事と
快感を感じるバランス(意識を持っていかれやすい)が悪いのがデメリット。
前者はどちらかを電動グッズにして解決しよう。

参考ページ:【乳首責めアイテム】U.F.O. SAの使い方まとめ。【最高峰】
【最強オナホ】機械姦!?おちんちんを自動で責めてくれる電動オナホ【A10サイクロンSA】

☑亀頭責め
長く感じやすく、乳首に意識も向けやすい

参考ページ:【潮吹き】亀頭オナニーはすごく気持ち良くて、乳首開発にも役に立つ!【乳首開発】

☑アナル・前立腺
括るか分けるか迷ったけど、後々細分化して、説明します。
ドライオーガズムと言われる精液を出さないオナニーとして乳首と相性が良く。
興奮状態が長く続くのがメリットである。
極めたら、得られる快感も凄まじい。が、乳首同様、開発が必要な事が多い。

参考ページ:【アナニー】アナルを開発して、排便することだけで感じちゃうアナルにしちゃおう!【強烈な快感】


読み辛かったり、説明が下手な部分もありますが、ご容赦ください!
皆様の乳首開発に少しでも役に立つことを願っています。

前→【乳首開発03】感じない乳首が吸引で一気に感じるようになる!【肥大化開発】

次→【乳首オナニー入門】おちんちんとクリトリスを使って乳首を感じるようにする方法。【快楽神経をリンク!】